「終末」論—–気になる言葉の真の意味は。


 「終末(しゅうまつ)」とは、神界や宇宙天地の終末ではありません。

                  進化途上の人類が、人智の行き過ぎに気付かず、天地万生のあらゆる間釣(まつ)り合わせの仕組み(自然と万生のバランス)破壊すら招こうとする恐るべき反逆は、許し得ない限界と時を招来しますので、その前に古く腐った人の魂を

 

①(自発的に)改魂(かいこん)するか、

②神による大クリーニング(=病貧争災)によって大洗(おおあら)いする

(=どちらかを二者択一する)

外(ほか)無い為、真の文明への大切り換えの方便(便宜的手段)として今迄の在り方一切を大転換(だいてんかん)する荒(あ)れ事が世に起こるのを「終末」と申したのです。

 

 信仰の有る無いに関係無く、本来が神より発した人類そのものが、(魂・心・肉体三位一体の浄化クリーニングを伴いながらの)「神心」に還る神向きをしないのであれば、万事行き詰まらせて、人間思いの仕方を大ヒックリ返し致す外無いよう仕向ける世の切り換え現象で有ります。

 

 神より人間離れて、人智だけにて対策を立てれば立てるだけ、次々と予想に外れてしまう悪果(あくか)が起きてまいる妙なる世を「終末」と申すのです。

(真の文明に至る前の陣痛→生みの苦しみの時期)

 

“Eschatology” is not the end of gods or the universe. Human beings in the process of evolution do not realize the excess of human knowledge, and even destroy the mechanism that maintains the balance between heaven and earth and all life (balance between nature and all life). Before that, there is no choice but to (1) reform the old and rotten human soul, or (2) wash it thoroughly. “Eschatology” is a term that refers to the occurrence of upheavals that change the state of the world into a true civilization.

Whether or not one has faith, if man, born of God, does not have the faith to return to God’s heart (along with the purification of the trinity of soul, mind and body), it will lead to a dead end. It is a world-changing phenomenon that forces us to change the way we think. If we leave the gods and take measures only with human intellect, unpredictable disasters will occur one after another, and this strange world will be called “Eschatology”.

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA